ウーマン

サービスを比較する

賃貸オフィスはビジネスが盛んな大阪で人気があります。賃貸オフィスを選択する際には、水回りや共用部などの確認が大切です。水回りの機能が良くて共用部の管理が良いと、ビジネスに安心して専念することができます。

詳しく見る

オフィス

規模や立地で費用は異なる

貸事務所は賃料が安く、立地条件の良いところを探しましょう。いくつかピックアップして比較することが大事です。また、規模や立地場所によって賃料は異なります。使いやすく仕事がしやすいところを探すことが何よりも大事です。

詳しく見る

オフィス

準備が大事

オフィス移転をスムーズに行うためには事前の準備が重要です。計画をきちんとたてておきましょう。また、条件の良い移転先を探しておくことも大事です。法人向けの物件を取り揃えている不動産会社を活用しましょう。

詳しく見る

ダンススタジオ

ダンススタジオの利用

梅田でダンススタジオをお探しになっている方は、レンタルで利用できるサービスがあります。1時間単位の料金を支払うだけで、手軽にご利用になれますから便利です。レンタルダンススタジオのサービス内容についてご紹介します。

詳しく見る

男の人

これから事務所を借りる

とても多くの貸事務所が東京にあり、東京の中で快適に仕事ができる貸事務所を探す場合は、地元で実績のある不動産会社に相談しましょう。いかに快適に仕事ができるかがポイントになる物件なので、内装などしっかりチェックしておきましょう。

詳しく見る

首都圏一極集中

メンズ

格差の拡大

日本は少子高齢化の進展が顕著になっていますが、首都圏への一極集中が継続しており、東京では依然として人口の流入が続いています。東京に仕事が多いということで仕事を求める若年層の増加傾向が目立っています。貸事務所の空室率が大幅に経過しており、新規の貸事務所のニーズが顕在化しています。東京は開発余地が少なくなっているため、建て替えによる貸事務所の建設が一般的になっています。しかしながら作業効率の向上による生産性の改善を求めてフロアー面積の大きい貸事務所のニーズが多くなっているため、東京の貸事務所も再開発や総合設計の手法を用いて大型の貸事務所を新築するケースが散見されています。東京の賃料水準についてはリーマンショック以前に達した賃料水準には届いていないため、借主にとっては借り換えがしやすい水準となっています。ぎょうむのIT化の進展によって一人当たり必要とする面積の増加が著しくなっているため、古い貸事務所から新築物件への借り換えが促進されています。古い貸事務所は面積が狭いケースが多いのが一般的であるのに加えて、ITへの対応も難しくなっているので、一旦転出が出ると後継テナントを探すのが難しくなっています。東京でも東日本大震災以降は事業継続が重要なテーマとなっており、耐震や免震に加えて自己発電設備の有無についても貸事務所の重要な装備となっております。緊急時の備蓄設備や帰宅困難者の対応可能な貸事務所も増加しています。